CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
  • norinotta

RECOMMEND
Sign O the Times
Sign O the Times (JUGEMレビュー »)
Prince
princeのfunk節が最高にツボ。あ〜、この世にいなくなってしまったなんて、信じられない。R.I.P.
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Linda McCartney: Life in Photographs
Linda McCartney: Life in Photographs (JUGEMレビュー »)
Paul McCartney,Annie Leibovitz,Martin Harrison,Linda McCartney,Mary Mccartney,Stella Mccartney
最高にロマンチックな写真集。

ポール、ステラ、ポニー。。

もちろん蒼々たるロックミュージシャンに会える!
RECOMMEND
The Selby Is in Your Place
The Selby Is in Your Place (JUGEMレビュー »)
Lesley Arfin
本になって登場!?
これは欲しいです。。
RECOMMEND
Juergen Teller: Marc Jacobs 1998-2009
Juergen Teller: Marc Jacobs 1998-2009 (JUGEMレビュー »)

いつまでたっても色あせないのでしょうねぇ。
RECOMMEND
夢見るラデュレの世界
夢見るラデュレの世界 (JUGEMレビュー »)

...LADUREE OF MY DREAM....
PARIS本店のサロンのイスに座って
マカロンを食べる自分自身をイメージ。
RECOMMEND
スクラップ帖のつくりかた
スクラップ帖のつくりかた (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
毎日がもっと楽しく豊かに、夢が広がっていくような気分になる本。ページを読み進めて行くのが惜しくなるほど、1ページページが素敵!
RECOMMEND
ケイト・モス・スタイル
ケイト・モス・スタイル (JUGEMレビュー »)
アンジェラ・バトルフ
まだチラッと立ち読みしただけだけど、気になって気になって仕方ありませんー!ほしいっ。
RECOMMEND
Dark Side of the Moon
Dark Side of the Moon (JUGEMレビュー »)
Pink Floyd
サイケデリックな雰囲気が本当にカッコいい。。当時ライブで聴けた人達が羨ましい。
RECOMMEND
アニー・ホール [DVD]
アニー・ホール [DVD] (JUGEMレビュー »)

アニー・ホールとSATCは見てるだけで私をNYを連れて行ってくれるちゃう様な映画。Woodyの偏屈ぶりには負けます。笑
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

omg.....たった1時間30分の短い時間でこんなにも胸がキューンとするなんて。。涙。(笑)あー観れてよかったぁ。。
RECOMMEND
ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアスの肖像 (JUGEMレビュー »)
ジャコ・パストリアス,ハービー・ハンコック,デイヴィッド・サンボーン,マイケル・ブレッカー,ランディ・ブレッカー,ナラダ・マイケル・ウォルデン,レニー・ホワイト
ジャケット見て、何処かのピアニストかと思ったでしょ?違うのよ、彼は、世界最高のベーシスト。最高に狂人です。
RECOMMEND
パリ流 おしゃれアレンジ! 自分らしく着こなす41の魔法
パリ流 おしゃれアレンジ! 自分らしく着こなす41の魔法 (JUGEMレビュー »)
米澤よう子
大好きな米澤さんのパリシリーズ本。キュートなイラストにもやられます。
その人の中身がいかに満たされているか?お金をかければいいってものじゃないのですね。そんなパリジェンヌ流の人生のヒントが見つかります。
RECOMMEND
1カ月のパリジェンヌ
1カ月のパリジェンヌ (JUGEMレビュー »)
平澤 まりこ
焼きたてのバゲットをちぎって食べるよ、昼間っから冷たく冷やしたロゼワインを皆で戴いちゃいますよ、アツアツトロトロのブリー・チーズもさいこー。「あ〜あたいも早くパリジェンヌになりたいわ。。」この本を一気に読み上げた後は、最強に無謀なこんな夢がホントに叶っちまいそうな気分になります。笑。自転車で駆け抜けるパリの情景も未だ一度も行ったことない私でさえ、頭の中に次々浮かんできますしね。うっとり。。期待以上だったこちらの本、★5つ。
RECOMMEND
コーヒー&シガレッツ
コーヒー&シガレッツ (JUGEMレビュー »)

日常の中でコーヒーを飲む事に幸せを感じてしまうアナタ!には見て貰いたいね!笑
このユル〜イ感じは何でしょう?最高です。これまたニヤニヤしながら見てしまう私ごのみの映画。イギーポップがかっわいー♪ちなみに下のビデオは私のお気に入りクリップ。ツボ中のツボ。泣笑。fuckin' addicted!!!!
RECOMMEND
Gling Glo
Gling Glo (JUGEMレビュー »)
Bjork
ビョ−クが母国アイスランド語で歌うジャズ。いやぁ今じゃもう定番中の定番らしいですが(笑)私も少し乗り遅れて聴いてみました。音楽のパワーはスゲーなぁぁぁぁ。
★5つ。(下のプレイヤーで視聴可能)
RECOMMEND
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD] (JUGEMレビュー »)

もう何年も前にでた映画ですが、いつものように出遅れて、初鑑賞。性転換手術したも1センチだけ残ってしまったアングリーインチ。彼女の堂々と人を愛していこうとする姿にかなりのパワーを貰えます。ロッケンロール好きにはたまらないであろう、ロックンロールミュージカル。スカッとします。トレイラ−はこちら。
RECOMMEND
ちょっとしたことでていねいに暮らせる45のコツ
ちょっとしたことでていねいに暮らせる45のコツ (JUGEMレビュー »)
金子 由紀子
ハタチ過ぎで始めた一人暮らしで奮闘していた自分に送ってあげたくなった本。毎日を丁寧に暮らしたくなりますのよ。もちろんあれから何年か経った今の私もこの本に沢山インスパイアされました。
RECOMMEND
マリー・アントワネット (通常版) [DVD]
マリー・アントワネット (通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘いお菓子 素敵なドレスに靴 イロトリドリノのマカロン 甘い夢
RECOMMEND
Marie Antoinette
Marie Antoinette (JUGEMレビュー »)
Original Soundtrack
映画マリーアントワネットの世界にヤラレちゃった全てのガールズにソフィア番長が贈る、80年代UKロックの数々。映画みたあともう一回あっちの世界へ連れてってくれる。(何曲かは下のプレイヤーで視聴可能)
RECOMMEND
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ (JUGEMレビュー »)
ジーン・ハックマン
天才マックス〜の監督ウェス・アンダーソンによる作品。出演者の衣装もなんでしょ、素敵。映像からなにから細かい。シニカルな感じがツボりました。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

料理をする楽しさと食べるってことの楽しさが伝わってくる本。
RECOMMEND
アローン+2
アローン+2 (JUGEMレビュー »)
ビル・エバンス
コレ聞くと、雨の日や、一人の時間も、なぜかウキウキしてしまう♪
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
my favorite books
my favorite movies
come & join me


MySpace Japan

my community
bloglovin

pick up!!

ハイカランダイアリー

やりたい放題表現するスペース♪
<< なまいきシャルロット | main | 夏はアツいでしょー!? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    Jackie Orszacky
    0
      おっさん あたしはあんたを忘れない

      私がシドニー留学中、当時引っ越し先のハウスメイト:ジョンに連れて行って貰ったニュータウンのパブでのJackey Orszackyのギグ。サウンドエンジニアとして働くジョンのハウスメイトとなり、もともと音楽が大好きなあたしは、色々音楽の話を聞いたり教えて貰ったりしていて、ジョンもそんなあたしをJackieのギグに連れて行ってくれたんです。そのギグというのも、まぁ無料で、お酒を飲みながら楽しめるというもので、雰囲気からして、これまたローカル臭さがなかなか良い雰囲気でなんですね。Jackieはベーシスト兼ヴォーカルでして、その日のギグは、かなりビッグバンド?と言いましょうか、ギター、ベースが数人ずついたり、ドラムにボンゴ?だっけ(手でたたく太鼓)とかサックスもでてきたり、キーボードもかっこ良くって、なにより、そんだけ大人数のバンドの生演奏をソファーに座りながらお酒飲みながら目の前で聞いたんですよね。音楽のジャンル的にはアシッドジャズ、ファンク、R&Bがミックスされた感じ。いやぁクールなんですわ。20歳そこそこのあたしにとっては生まれてあんなカッコいーギグなんて初めての経験でして、あまりの感激にいや、ただひたすら感動してましたねー。ホント。今でもあの感動は忘れられないもん。ジョンの友達のマーコスっていう長身のイケメンお兄さんもいて、話が面白くってそれもまた良い思い出。あの日のビデオはないけど、雰囲気的には下のビデオみたいなかんじ。もう自然に体でリズムを取りたくなるわけー♪♪

      Jackieはハンガリー人で、1970中頃からオーストラリアに拠点を移して音楽活動をしてきた人。ハンガリー時代からいくつかのバンドを経験してきて、最近ではJackie Orszacky Bandとして、ある時はベース、ギター、ドラムのみのトリオだったり、ある時は私が一回目のギグで見たようなビッグブラスバンドつきだったり、ある時はセッションプレイヤーとして活動していたようです。ジョンに連れて行って貰ってから、シドニーのジャズフェスで彼がプレイするとなったら見に行きましたし、オペラハウスの前のバーでギグがあれば駆けつけたり、どれもこれも思い出深いギグでしたです。

      コンバースのハイカットをここまでクールに履いちゃってるオッサンはなかなかいないよねー。上のビデオでもコーラスをしていた女性、一番上のツーショットでの写真の女の人は、Jackieの奥さんのTina。木の実ナナみたいでかっこよかったよ。でも何故、今回急に、Jackieのネタを書いてるかというと、タラさんのブログ***babytaramoonで紹介されていたイングランドのバンド「The Bees」の音源をYouTubeを通して知ったのですが、かなりツボでして、PCの前でだって一人でハイになれる位、かっこいいバンドだったんす。そしてそのあとすぐに、『あっJackieさんバンドは今どうしてるかしら?』と、ふとJackieを思い出し、気になって、websiteをチェックしてみたんですね。そしてすぐに飛び込んできたニュースっていうのが、2008年の2月初頭に長い闘病生活の末、亡くなられたということ。なんか本当にビックリしてしまって。タラさんのThe Beesの記事でのコメントを通してお話させて貰ったのですが、音楽って一期一会だなって。音楽に限らず、文学や映画も。自分が生きている「今」に、自分が出会うことのできる音楽や文学、映画との出会いには無限の可能性が広がっていて、それらを通して、人と共感できたり、一緒に感動できたり、そのこと自体が素敵な事だなぁと。。慣れないシドニー生活を送っていたあの時、ジョンに誘ってもらって行ったJackieのギグで感動した感覚は、きっと一生忘れないと思うし、あの思い出は今じゃホントに素敵な宝モノなんですよね。。あういう体験が出来た自分はホントにラッキーだと思うし、そうやって巡り会わせてくれた人や時間や、なんだろ、スピリチャルな何かなんでしょかね、そういうモノ対して私は凄い感謝したい。。これからもそういう感動をもっといっぱいして生きていきたいですし、大事に感謝して生きて行きたいですよね。生きてる間はいっぱい感動するんだ!!
      Jakieeee!!!私はあんたを一生忘れないよ。感動をありがとう!!!!!!!!!』
      | music | 21:15 | comments(3) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 21:15 | - | - |
        生きてる間はいっぱい感動するんだ!!
        に、共感!!!!!

        | riko | 2008/07/23 5:54 PM |
        お久しぶりです。

        本当人との出会いは、「一期一会」ですよね。
        とっても共感です。

        今であった、一瞬でもであった人が、今だから出会えたという奇跡に感謝できるって大事なことだと思います。

        | avomatty | 2008/07/28 5:14 PM |
        rikoさん
        ですよねー!共感できてうれしー!
        モットーは一生感動一生青春でございますね!



        avomattyさん
        お久しぶりでございますー!!
        そうですよねぇ。。なんか私はライブとかにいくと、よく感じます。音楽でも、人でもなんでも一期一会ですものね。
        そういう出会いの中で感謝しつつ感動できる人でありたいです。

        | norinotta | 2008/07/29 2:21 PM |









        http://norinotta.jugem.jp/trackback/73