CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE
  • norinotta

RECOMMEND
Sign O the Times
Sign O the Times (JUGEMレビュー »)
Prince
princeのfunk節が最高にツボ。あ〜、この世にいなくなってしまったなんて、信じられない。R.I.P.
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Linda McCartney: Life in Photographs
Linda McCartney: Life in Photographs (JUGEMレビュー »)
Paul McCartney,Annie Leibovitz,Martin Harrison,Linda McCartney,Mary Mccartney,Stella Mccartney
最高にロマンチックな写真集。

ポール、ステラ、ポニー。。

もちろん蒼々たるロックミュージシャンに会える!
RECOMMEND
The Selby Is in Your Place
The Selby Is in Your Place (JUGEMレビュー »)
Lesley Arfin
本になって登場!?
これは欲しいです。。
RECOMMEND
Juergen Teller: Marc Jacobs 1998-2009
Juergen Teller: Marc Jacobs 1998-2009 (JUGEMレビュー »)

いつまでたっても色あせないのでしょうねぇ。
RECOMMEND
夢見るラデュレの世界
夢見るラデュレの世界 (JUGEMレビュー »)

...LADUREE OF MY DREAM....
PARIS本店のサロンのイスに座って
マカロンを食べる自分自身をイメージ。
RECOMMEND
スクラップ帖のつくりかた
スクラップ帖のつくりかた (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
毎日がもっと楽しく豊かに、夢が広がっていくような気分になる本。ページを読み進めて行くのが惜しくなるほど、1ページページが素敵!
RECOMMEND
ケイト・モス・スタイル
ケイト・モス・スタイル (JUGEMレビュー »)
アンジェラ・バトルフ
まだチラッと立ち読みしただけだけど、気になって気になって仕方ありませんー!ほしいっ。
RECOMMEND
Dark Side of the Moon
Dark Side of the Moon (JUGEMレビュー »)
Pink Floyd
サイケデリックな雰囲気が本当にカッコいい。。当時ライブで聴けた人達が羨ましい。
RECOMMEND
アニー・ホール [DVD]
アニー・ホール [DVD] (JUGEMレビュー »)

アニー・ホールとSATCは見てるだけで私をNYを連れて行ってくれるちゃう様な映画。Woodyの偏屈ぶりには負けます。笑
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

omg.....たった1時間30分の短い時間でこんなにも胸がキューンとするなんて。。涙。(笑)あー観れてよかったぁ。。
RECOMMEND
ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアスの肖像 (JUGEMレビュー »)
ジャコ・パストリアス,ハービー・ハンコック,デイヴィッド・サンボーン,マイケル・ブレッカー,ランディ・ブレッカー,ナラダ・マイケル・ウォルデン,レニー・ホワイト
ジャケット見て、何処かのピアニストかと思ったでしょ?違うのよ、彼は、世界最高のベーシスト。最高に狂人です。
RECOMMEND
パリ流 おしゃれアレンジ! 自分らしく着こなす41の魔法
パリ流 おしゃれアレンジ! 自分らしく着こなす41の魔法 (JUGEMレビュー »)
米澤よう子
大好きな米澤さんのパリシリーズ本。キュートなイラストにもやられます。
その人の中身がいかに満たされているか?お金をかければいいってものじゃないのですね。そんなパリジェンヌ流の人生のヒントが見つかります。
RECOMMEND
1カ月のパリジェンヌ
1カ月のパリジェンヌ (JUGEMレビュー »)
平澤 まりこ
焼きたてのバゲットをちぎって食べるよ、昼間っから冷たく冷やしたロゼワインを皆で戴いちゃいますよ、アツアツトロトロのブリー・チーズもさいこー。「あ〜あたいも早くパリジェンヌになりたいわ。。」この本を一気に読み上げた後は、最強に無謀なこんな夢がホントに叶っちまいそうな気分になります。笑。自転車で駆け抜けるパリの情景も未だ一度も行ったことない私でさえ、頭の中に次々浮かんできますしね。うっとり。。期待以上だったこちらの本、★5つ。
RECOMMEND
コーヒー&シガレッツ
コーヒー&シガレッツ (JUGEMレビュー »)

日常の中でコーヒーを飲む事に幸せを感じてしまうアナタ!には見て貰いたいね!笑
このユル〜イ感じは何でしょう?最高です。これまたニヤニヤしながら見てしまう私ごのみの映画。イギーポップがかっわいー♪ちなみに下のビデオは私のお気に入りクリップ。ツボ中のツボ。泣笑。fuckin' addicted!!!!
RECOMMEND
Gling Glo
Gling Glo (JUGEMレビュー »)
Bjork
ビョ−クが母国アイスランド語で歌うジャズ。いやぁ今じゃもう定番中の定番らしいですが(笑)私も少し乗り遅れて聴いてみました。音楽のパワーはスゲーなぁぁぁぁ。
★5つ。(下のプレイヤーで視聴可能)
RECOMMEND
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD] (JUGEMレビュー »)

もう何年も前にでた映画ですが、いつものように出遅れて、初鑑賞。性転換手術したも1センチだけ残ってしまったアングリーインチ。彼女の堂々と人を愛していこうとする姿にかなりのパワーを貰えます。ロッケンロール好きにはたまらないであろう、ロックンロールミュージカル。スカッとします。トレイラ−はこちら。
RECOMMEND
ちょっとしたことでていねいに暮らせる45のコツ
ちょっとしたことでていねいに暮らせる45のコツ (JUGEMレビュー »)
金子 由紀子
ハタチ過ぎで始めた一人暮らしで奮闘していた自分に送ってあげたくなった本。毎日を丁寧に暮らしたくなりますのよ。もちろんあれから何年か経った今の私もこの本に沢山インスパイアされました。
RECOMMEND
マリー・アントワネット (通常版) [DVD]
マリー・アントワネット (通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘いお菓子 素敵なドレスに靴 イロトリドリノのマカロン 甘い夢
RECOMMEND
Marie Antoinette
Marie Antoinette (JUGEMレビュー »)
Original Soundtrack
映画マリーアントワネットの世界にヤラレちゃった全てのガールズにソフィア番長が贈る、80年代UKロックの数々。映画みたあともう一回あっちの世界へ連れてってくれる。(何曲かは下のプレイヤーで視聴可能)
RECOMMEND
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ (JUGEMレビュー »)
ジーン・ハックマン
天才マックス〜の監督ウェス・アンダーソンによる作品。出演者の衣装もなんでしょ、素敵。映像からなにから細かい。シニカルな感じがツボりました。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

料理をする楽しさと食べるってことの楽しさが伝わってくる本。
RECOMMEND
アローン+2
アローン+2 (JUGEMレビュー »)
ビル・エバンス
コレ聞くと、雨の日や、一人の時間も、なぜかウキウキしてしまう♪
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
my favorite books
my favorite movies
come & join me


MySpace Japan

my community
bloglovin

pick up!!

ハイカランダイアリー

やりたい放題表現するスペース♪
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    Fall Fall Fall
    0

      梅雨明け以来の更新。公園の桜の木が赤くなってる!
      あっという間で紅葉の時期ですー。早すぎるー。汗。
      なんかほんとに色々盛りだくさんだったから追ってアップしていきたいな。

      あこさんに頂いたサンクゼールのパスタ&ソース頂きました!美味しかったー!
       


      このライブビデオ最高!!
      John様はもちろん 笑、Steve Jordanかっこ良い。。
      ポケットチーフも飛び出しちゃうわ。

       
      JUGEMテーマ:ROCK
      | music | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
      梅雨明け 2014
      0
        私にとって最強レイドバックミュージック。暑い中、聞きたいですな。。



         
        こちらは、先月上野の不忍池横の神社にねそべっていた、猫。
        この薄汚れ加減がたまらない。まったくもって起きないのでした。



        MOJITO飲みたい!
         
        JUGEMテーマ:I love reggae
        評価:
        Array
        コメント:最強レイドバックミュージック。

        | music | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
        Young the Giant
        0
          評価:
          Young the Giant
          コメント:★5つ

          とにかく、近いうちライブに行きたいバンド。 
          ひとまずカムトゥジャパンしてほしい〜! !

            『Young the Giant - "My Body" (Official Video)』



          『Young The Giant - Guns Out live at Austin City Limits Music Festival, September 17, 2011』 
          ヴォーカルさん、エロいぞ。笑



          『Young the Giant - "I Got" In The Open Session』



          『Young the Giant - "God Made Man" In The Open Session』


          JUGEMテーマ:ROCK
          | music | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
          my faves tunes♪ right now
          0
            ヤバ過ぎます。。 多分今までのアルバムの中でも一番好きかも。 
            金太郎飴のごとく、どこきってもクールです。
            夏フェスいきてぇ〜ぞ。。っていう。 
            king最高。

            お気に入りベスト2。 
            truck③pyro  →♪♪♪ 

            こっちは真夏のキラーチューンになることまちがいなし。
             truckBeach side →♪♪♪
            | music | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
            music for my sleeping time
            0
              「寝る時にかけるといいっっすよ」とコメント付きで 
              仕事場の女の子に貸して貰った映画「かいじゅうたちのいるところ」のサウンドトラック。

              その通り寝る時にタイマーかけて流してみた。
               遠いニュージーランドの砂漠にぽつんとたたずむ自分自身(かいじゅう)が
              何故か脳裏に浮かんだ。ような気がした。笑。

               映画もまたスクリーンで見たいなぁ。 かいじゅうたちにまた会いたい。
              | music | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
              Alice Coltrane 『Journey in Satchidananda』
              0

                今日は雨が降る前にさっさとSPUR9月号を買って、チャリダッシュして、家へ帰りました。キリンの本格辛口(発泡酒)とともにバジル&トマトパスタ。そしてSPURをペラペラめくってましたら、カヒミ・カリィさんの連載コラムで、上の写真にもうつってます、Alice Coltrane の『Journey in Satchidananda』をオススメしておられました。
                WOWOW!!
                あたしここだけの話(笑)カヒミさんの音楽はあんまり聞いたことなかったのですが、先月号でおすすめされていたコンピレーションCDシリーズが個人的にも好きだったので、おー!!やっぱり!!!みたいな、なんか気が合うかも!的な気分に、勝手になりやがりましてね。

                 アリスのこのアルバムは、シドニーでハウスシェアしていた時のミュージシャンのジョンからクリスマスプレゼントに貰った大切なCDなのですよ。
                スピリチャルジャズとも言われているこちらのアルバム。
                なんといってもアリスの演奏するハープや、インド楽器の音色がたまりません。
                たまに聞きたくなるときがあり、聞くと、じっくり心が落ち着きます。
                って、もっと細かいこと書いてあるから、気になる方はカヒミさんのコラムをチェックですぞ。あたしも知らなかったことが書かれてあり、ひとつ勉強になりました。

                あ〜それにしても秋冬のワードローブどうするかな〜ワクワク。

                | music | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
                今更ですよ〜
                0
                  Sea
                  評価:
                  Corinne Bailey Rae

                  やばい。 一作目より好きだ。。。 
                  シャーデーも好きだけど、
                   彼女達たまに似てるとか言われてるけど、
                   違う〜。 

                  これはエンドレスリピートです。 
                  最近オーガニックな音楽に飢えてる自分にはツボざんす〜。
                  | music | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  コーヒーシルブプレ
                  0
                    最近、日が沈むのが早すぎるんですけどー。。なんだか早起きしないとせっかくの晴れの休日、勿体ない気がしてくるのは私だけ?!ダラダラ寝てたいけど、早くから起き出して自転車で近所を駆け回りたい気分になりますよね、晴れの休日!ちょっと変態チックですが、まぁ、そうですね、そうなると、秋&冬はどやって長い夜を過ごすか?って話ですよ。私は最近もひきつづき読書と酒でやり過ごしております。THE 地味。そしてね、たまにNHKのドキュメンタリーとか観ちゃって、既に酒が入ってる状態も手伝ってか、感動して泣くワケですよ。最近、ホント、よくNHKのドキュメンタリー系で泣かされてんですぅー。爆。でも昨日、久々に飲んだぼーいふれんどに話したら、彼もそのドキュメンタリーは観てたみたいで、嬉しかった。受信料払ってるだけあんのよ。だはは。
                    それはそうと、ようやく東京も本腰入れて寒くなってきました。ヒートテックは大活躍。そして、やはり温かいコーヒーを飲みたくなる季節でもあります。自分で言うのもなんですが、ホントラッキーな奴としか言いようがないんですけど、仕事場の友達が、結婚前に、要らないもの処分として、色々なモノを散財してて、彼女が私に「これ要らない?」って聞いてきてくれたのが、デロンギのエスプレッソマシーン新品。モチロンありがたく頂戴いたしましたとも。シドニーで暮らしてた時に使用してた中古のエスプレッソマシーン以来、日本では、ひたすらペーパードリーップしてたわたし。そんな処に偶然にもいきなり舞い込んで参りましたデロンギちゃんです。うきゃきゃー。



                    こちらデロンギちゃんと共に毎日の暮らしを歩み始めて、早くも2ヶ月位たちましたでしょうか。毎朝、仕事行く前に、デロンギエスプレッソのカフェラテを飲んで行くのが、もはや毎朝の日課。怒濤の朝の出勤時間前に、エスプレッソを入れるという習慣が身についてしまいまして、これだけは譲れないというか。。これが無いと始まらない。的な。。寝坊したりして飲めない時は、心の底から悔し。いやぁ、でも事実、手間はかかるけど、エスプレッソを自分の手で入れて、飲むという作業。これはスゴいですよ。爆。朝っぱらから、簡単に感動したりできますから。コーヒー豆をストックしている缶を開けた瞬間、缶から溢れ出す何とも言えない、芳ばしい香り。。これはコーヒー好きの方なら分かっていただけると思うのですが。。あたしは、毎回、この時点で感動します。おー今日も頑張るぞー。みたいなね。自分をアゲるわけですよ。いや、正確に言えば、勝手にアガってきます。コーヒー好きなら誰しもがアガること請け合い。そ、だから、朝のこの一連作業は、今や私の生活の一部。最近お気に入りの豆は、DEAN&DELUCA
                    のフレンチロースト。ラテにして飲む事が多いので、濃いめの豆を選びます。上の写真見ていただければお分かりの通り、しっかり、エスプレッソの命:クレマも出ておりますでしょ?!初めて、DEAN&DELUCAのカフェでラテを飲んだ時に、あまりのコッックリ具合に溜め息が出たほど。。う・ま・い・と。ただ、ちょいとばかしスタバより値は張りますが、(あんまり変わんないけどね。ほんのウン十円。苦笑)うーん、スタバよりコクがあって美味しいなぁというのが感想かなぁ。
                    そーゆうワケで、休みの日はゆっくりコーヒーも味わえる。サイコーです。コーヒーと一緒に聴く音楽で最近のハマりはジョニ・ミッチェルのこちら。『ドンファンのじゃじゃ馬娘』ジョニのピアノ&ギターも最高ですが、ジャコ・パストリアスのベースにヤラレます。ふとした会話で、あるぼーいふれんどに『ベースって簡単にできるかなぁ。女の子のベースってかっこいーよね』と話したら、ジャコのベースを聴いてからモノを言えと軽く嗜められた事もありました。そうです、凄いんですよ、このべースが。。うぅーん。。良い!良い音楽と、コーヒーは貧乏でも味わえるってもんです。最後に。。ありがとう、Y子。私にエスプレッソマシーンをプレゼントしてくれて。。ほんとにありがと♪♪YOUからのデロンギちゃんは私の毎日を一段と豊かなモノにしてくれます。XXX

                    | music | 21:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
                    Jackie Orszacky
                    0
                      おっさん あたしはあんたを忘れない

                      私がシドニー留学中、当時引っ越し先のハウスメイト:ジョンに連れて行って貰ったニュータウンのパブでのJackey Orszackyのギグ。サウンドエンジニアとして働くジョンのハウスメイトとなり、もともと音楽が大好きなあたしは、色々音楽の話を聞いたり教えて貰ったりしていて、ジョンもそんなあたしをJackieのギグに連れて行ってくれたんです。そのギグというのも、まぁ無料で、お酒を飲みながら楽しめるというもので、雰囲気からして、これまたローカル臭さがなかなか良い雰囲気でなんですね。Jackieはベーシスト兼ヴォーカルでして、その日のギグは、かなりビッグバンド?と言いましょうか、ギター、ベースが数人ずついたり、ドラムにボンゴ?だっけ(手でたたく太鼓)とかサックスもでてきたり、キーボードもかっこ良くって、なにより、そんだけ大人数のバンドの生演奏をソファーに座りながらお酒飲みながら目の前で聞いたんですよね。音楽のジャンル的にはアシッドジャズ、ファンク、R&Bがミックスされた感じ。いやぁクールなんですわ。20歳そこそこのあたしにとっては生まれてあんなカッコいーギグなんて初めての経験でして、あまりの感激にいや、ただひたすら感動してましたねー。ホント。今でもあの感動は忘れられないもん。ジョンの友達のマーコスっていう長身のイケメンお兄さんもいて、話が面白くってそれもまた良い思い出。あの日のビデオはないけど、雰囲気的には下のビデオみたいなかんじ。もう自然に体でリズムを取りたくなるわけー♪♪

                      Jackieはハンガリー人で、1970中頃からオーストラリアに拠点を移して音楽活動をしてきた人。ハンガリー時代からいくつかのバンドを経験してきて、最近ではJackie Orszacky Bandとして、ある時はベース、ギター、ドラムのみのトリオだったり、ある時は私が一回目のギグで見たようなビッグブラスバンドつきだったり、ある時はセッションプレイヤーとして活動していたようです。ジョンに連れて行って貰ってから、シドニーのジャズフェスで彼がプレイするとなったら見に行きましたし、オペラハウスの前のバーでギグがあれば駆けつけたり、どれもこれも思い出深いギグでしたです。

                      コンバースのハイカットをここまでクールに履いちゃってるオッサンはなかなかいないよねー。上のビデオでもコーラスをしていた女性、一番上のツーショットでの写真の女の人は、Jackieの奥さんのTina。木の実ナナみたいでかっこよかったよ。でも何故、今回急に、Jackieのネタを書いてるかというと、タラさんのブログ***babytaramoonで紹介されていたイングランドのバンド「The Bees」の音源をYouTubeを通して知ったのですが、かなりツボでして、PCの前でだって一人でハイになれる位、かっこいいバンドだったんす。そしてそのあとすぐに、『あっJackieさんバンドは今どうしてるかしら?』と、ふとJackieを思い出し、気になって、websiteをチェックしてみたんですね。そしてすぐに飛び込んできたニュースっていうのが、2008年の2月初頭に長い闘病生活の末、亡くなられたということ。なんか本当にビックリしてしまって。タラさんのThe Beesの記事でのコメントを通してお話させて貰ったのですが、音楽って一期一会だなって。音楽に限らず、文学や映画も。自分が生きている「今」に、自分が出会うことのできる音楽や文学、映画との出会いには無限の可能性が広がっていて、それらを通して、人と共感できたり、一緒に感動できたり、そのこと自体が素敵な事だなぁと。。慣れないシドニー生活を送っていたあの時、ジョンに誘ってもらって行ったJackieのギグで感動した感覚は、きっと一生忘れないと思うし、あの思い出は今じゃホントに素敵な宝モノなんですよね。。あういう体験が出来た自分はホントにラッキーだと思うし、そうやって巡り会わせてくれた人や時間や、なんだろ、スピリチャルな何かなんでしょかね、そういうモノ対して私は凄い感謝したい。。これからもそういう感動をもっといっぱいして生きていきたいですし、大事に感謝して生きて行きたいですよね。生きてる間はいっぱい感動するんだ!!
                      Jakieeee!!!私はあんたを一生忘れないよ。感動をありがとう!!!!!!!!!』
                      | music | 21:15 | comments(3) | trackbacks(0) |
                      I miss that place!!!!
                      0

                        酒好きなわたし。やっぱり週末は飲みますね。
                        すっかり春ですし、って毎回記事書く度に春ですね、春ですね言ってますが、春ですな。爆。春と言えば、昼間っから飲むビアは最高ですね。最近おいしいなー酒は!って思った瞬間は、渋谷のThe Roomでビアを飲んだとき。笑。音楽は最高ですし、あのクラブの如何にもアングラ!!!(笑)って雰囲気がまたよくて、ここ最近のクラブ活動(爆)では久々のヒットとなりました。やっぱり週末パーティーは最高!ですわな。

                        そんなこんなで週明け、二日経ちました。今朝は大雨の影響で気分もどんより。春の雨って、晴れの日が気分いいから、逆に憂鬱になってしまいますわよ。そんなんで、ふと思い出したのがシドニーの時によく飲みにいった大好きなバー

                        学校が近くにあったので、週末は学校帰りによく寄ったりしましたね。

                        二階はレストランにもなっていて、パブメニューもオーダーできます。何曜日かはステーキがかなり安く食べれる!結構広いスペースで、ラウンジっぽいスペースあり、テーブル席あり、そしてテラスあり!という三拍子揃ったオールマイティなバー。(苦笑)週1ペースで行っていた時もあったから、バーの店員さんと顔見知りにもなったりしてね。それはそれは思い出ぶかいな、あるいみ。。

                        これはテラス席から撮ったシドニーのシティー方面。
                        私がよく友達とオーダーしてたのは、フィッシュ&チップスなんだけど、こちら、フライの衣にCoopersというオージービアも混ぜ込んで作ってあり、サクサクして最高に美味しい。あー何か、書いてたら本とあのフィッシュ&チップスとCoopersビアとトゥギャザで食べたくなっちゃった。あー。。。(切実 笑)見てみて、これが、そのフィッシュ&チップス。へたくそな写真だけど↓

                        オーマイガッ。ミッスユーソーマッチ/:。@@。:;「@。。/「「@@。;「/
                        ある日は、授業前に一杯だけ!!と言って、普段滅多にこの付近にこない友達が近くに来ていたので、せっかく!!と思い、クラスの始まる夕方からテラスで飲み始めたら止まらなくなり、授業すっぽかしましたね。。そして、挙げ句の果てには酔っぱらい、酷い酔っぱらいになりシドニーの街を汚したという経験もありましたね。あー懐かしい。笑。夕方まだ西日の射してる時間から外のテラスで飲み始めるなんてこたぁ、呑んべにしか分からない優越感にひたれるんだから。(←滅茶苦茶 笑)自分が酒を飲めるってことにこれまで何度感謝してきたことか。アリガタキシアワセ。

                        そんなことはさておき、ある日いつものように飲んでたら、店内の音楽がかなり私好みだったのでバーテンさんに聞いたらSaint Germainのアルバム『Tourist』とのこと。Saint Germain Cafeシリーズは好きでよく聞いていたので、『ねーねーシドニーにはクラブジャズ系の音楽流すとこないの?』と聞いたら、『the basement』という老舗のバー位だということ。シドニーにはクラブジャズはあんまりうけないらしいよ。「クラブジャズ聞きたかったら、Go to Europe だぜ」と。『っだよねー。ヘラヘラ。でもジャパンだって凄いよ』と私。そしたら、その彼、その時に流してたCDを貸してくれて次に来る時にあたしのおすすめを持って来いってことで。でもそのあと、帰国準備に追われこのバーには行けなかったから、兄さんから貰ったCDは今もあたしの手元に。このアルバムに入ってる「So Flute」を聞くとあのバーを思い出します。この曲は名前の通りフルート!フルート三昧。昔からフルートの入ったジャズやハウスは大好きなので、この曲にはやられましたね。音楽とお酒はきりはなせませんわ。あー。Coopersのみたい。
                        | music | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |